最低限のマナーは必要

tickets
生徒の課題を解決することに向けて塾講師は取り組んでいかなければなりませんが、大学生も塾講師を行っていることがあります。 アルバイトから塾講師をスタートさせていき、その延長として就職するケースも多くなっています。 そのため社会経験が乏しいと思われる部分も多く見られてしまうでしょう。 それは身なりやマナーなどで着実に見えてきます。 一般企業だと上司や取引先、さらに顧客と接することで鍛えられていくわけですが、塾講師は生徒や保護者を相手にします。

先生と呼ばれていくことになりますが、立ち位置などが見えなくなる講師も多くなります。 こうなってしまうと最低限のマナーを守れなくなってしまうこともありますので、接し方には気をつけなければなりません。 民間企業ということもあり、マナーが悪ければ業績にも直結します。

塾講師は従業員ですので、経営に関して捉えていくことも重要となります。 しかし大学生のアルバイトから塾講師となると、すぐに経営に関して目線を合わせるのが難しいです。 そこで塾講師に対してビジネスマナー研修を行っている学習塾もあります。 塾講師として教壇に立たせる前に、コミュニケーションの取り方やビジネスマナーについて修得してもらうように行われています。